あなたの相続税の基礎控除額は?

遺残を相続したら相続税を払わないといけないのか心配になりますが、必ず相続税が課せられるという訳ではありません。
相続税が課せられた人の割合はなんと8%と低く、ほとんどの人が相続税を支払ってはいないのです。
相続税を支払っていない人の中には相続税対策をしっかり行った結果、課税されずに済んだ人もいます。
相続税には基礎控除が設定されているので、課税される人と課税されない人がいるのです。
相続税の基礎控除は「3,000万円+600万円×法定相続人」の数で計算することができます。
この計算で基礎控除額以下であれば、相続税は払わなくて済むのです。
私も計算してみましたが、基礎控除額以下になるので、きっと相続税は払わなくても大丈夫そうです。
もし相続税の支払いの心配がある人は、基礎控除額を計算してみるといいですよ。
計算してみた結果、基礎控除額以上になってしまう人が相続税対策をする必要があります。
相続税対策も色々ありますが、課税遺産総額を抑えたり、非課税制度や税額軽減制度を活用してみるといいでしょう。
また税理士に相談すると、色々な節税をアドバイスしてくれます。