司法試験を受けるとの覚悟が必要!

弁護士を目指す人にとって「司法試験」に合格することは大きな課題です。
また、絶対に避けては通れないですよね。
年・1回実施される司法試験に焦点を当てて、コツコツ勉強を続けましょう。
日本は、四季がはっきりしている国。
人にもよりますが、過ごしやすい季節と、そうでない季節があります。
司法試験は毎年5月中旬。
2日目と3日目との間に1日休みを入れて、「4日間」にわたり実施されます。
そのため、試験実施前日も含め、試験を受ける時期は気を抜くことはできないでしょう。
ちなみに「試験地」は全国7箇所です。(複数の「試験場」がある場合も)
試験場近くに住む人は、受験のために自宅から通うことができますよね。
一方、試験場から遠い人は前日までに移動する必要があるからです。
司法試験のことを考えるだけで、胸がどきどきする人もいるでしょう。
なお、受験の申込は11月下旬から12月上旬の限られた期間です。
そこから試験本番まで約半年、いいえ、半年もないですよね。
その期間を長く感じるか短く感じるのかは人それぞれです。
しかし、受験手続きを済ませた以上、もう後戻りはできないとの覚悟が必要ではないでしょうか。