歯が痛くなる前に始める予防歯科

予防歯科という言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか?
予防歯科を受けることにはメリットがありますが、どのようなものでしょうか?
歯医者を治療を受ける場所と考えている方もいますが、病院はどうでしょうか?
病院の役割は、病気を治すだけではなく、病気になりにくい体を作るための援助をすることです。

実は歯医者も同じであり、虫歯の治療だけではなく、虫歯にならないようにする、歯周病にならないようにするための教育を行うという役割があります。
虫歯になってしまうなら、歯を削るしかなくなり、自分の歯を失う第一歩になってしまいます。
ですからベストな状態は、虫歯にならないことです。

予防歯科では、まずは虫歯にならないように指導を行ない、仮に初期の虫歯があった場合は、虫歯の進行を遅らせるようにしてくれます。
少しでも長く自分の歯を使い続けるようにしてくれるという意味で、予防歯科の役割は非常に重要です。
実は的的に予防歯科を受けておくことは、最も節約になります。
虫歯の治療は遅らせれば遅らせるほど高額になってしまい、治療期間も長くなってしまいます。
ですから予防歯科で虫歯0を目指すのが一番の節約です。