ビジネスにだって心理学が必要だ!

主人は会社の中でずっと配送、出荷の部門に所属していました。
会社の中では、商品開発などがやはり花形の部署でお給料も高いです。
だけど、温厚だけれど、人見知りで口下手な主人は今の仕事を気に入っていたし合っていると本人も話してたんです。

そんな主人が急に営業部に異動になった時は本当におどろきました!
主人は会社を辞めようかどうかとまで考えていたし、私も本当に悩みました。

最初は散々なもので、一日営業回っても契約どころかほとんど話も聞いてももらえないなんて日もあったようです。
だけど、最近は楽しくなってきたようでこないだなんか「営業の仕事は結構向いてるかも」なんて言ってましたね。

実は、主人は心理学の勉強を始めたんです。
ビジネスに心理学はいいよって知人にすすめられたらしく、本人も勉強しはじめたらかなり面白かったそうです。
元々、初対面の人は苦手だけど仲良くなると話すのが楽しい性分の主人。
相手の心理をある程度推測することで親しくなるスピードがはやくなって相手の懐に入り込めるようになったみたいですね。
ビジネスに心理学が必要、本当にそうだったようですね!